web制作
FC2ブログ

スポンサーサイト

カテゴリー:スポンサー広告記事編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
│posted at --:--:--│
2006年05月05日(Fri)

『歌劇』5月号

カテゴリー:├出版物記事編集

の、「レ・ビジュー・ブリアン」座談会の感想です☆なんだか今回結構盛り上がってまして、期待でいっぱいです。
あ、もちろんローマもおもしろかったのですが、感想書いたところで消えたのでちょっとめげました。
とりあえずビジューから。




・ビジューの歌の先生について

瀬奈:先生ご自身も、本当に色々な声を持っておられて…。
霧矢:七色ボイス!



・前回のショーとの違いについて

霧矢:”あ!レビューや~!”って思って(笑)
    ですから、その中でいかに宝石としての、タカラジェンヌとしての輝きを出すか…。

瀬奈:流石だね!(笑)



・あさこさんとかなみんが17歳の場面で

酒井:”彼女に首飾りをあげたい”というアンリ(あさこさん)の
    欲望を象徴するのが、霧矢さん。

霧矢:煩悩の塊です(笑)。



・あさこさんがアンリで、かなみんがイヴォンヌ

霧矢:アンリとイヴォンヌ、可愛い名前ですね(笑)。
大空:(笑)
瀬奈:そこ、笑うところじゃないから(笑)。

わざわざつっこんだということは、よっぽど気になったんですね。
アンリとイヴォンヌ…!



・煩悩の塊をやるにあたり

霧矢:私は、少し妖しい感じの、人間ではない役を頂いたことがあまりなくて…。
    昨日の歌稽古でも「ちょっと健全すぎる」といわれたので(笑)


あぁ…!なんかわかる…!
人を弄ぶ妖しい魅力を探りたいそうです。



・中詰め
きりやんはピンクダイヤらしい。
(あさこさんはブラックダイヤ、ゆうひさんはジャングルの奥で光ってるような)エメラルド)
きりやんはラビアンローズで。

瀬奈:台詞入りなんだよね。
霧矢:そうです、おフランス語の(笑)。
瀬奈:へぇー。大阪弁じゃないんだ。
霧矢:違います違います!(笑)

オスカルのように否定するきりやん。
しかし。

轟:アクセントが大阪弁だったりして。

なんかもう大阪弁キャラに。



・まとめに。

霧矢:極上の輝きを放たれる轟さんの光にあやかって…。
轟:口、うまいよねぇ(笑)

よかった「(笑)」がついてて!!




今回のレビュー、きりやんは「とにかく自らが輝くこと」が一番重要だと感じているそうです。
いったいどんな輝きを見せてくださるのか、めっちゃ楽しみ!!

座談会はこのように、終始いい感じで…
語尾が消えたり、文節ごとに口をつぐんだりしながらきりやんがしゃべっている様子がありありとわかり、大変いいかんじでした。


楽しみに公演を待ちたいと思います♪

スポンサーサイト
 
│posted at 19:25:01│ コメント 0件トラックバック 0件
■この記事へのコメント
■この記事にコメントを書く。




 削除や編集のときに必要です。
管理者にだけ表示を許可します。
■この記事へのトラックバック
■この記事へのトラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。