web制作

スポンサーサイト

カテゴリー:スポンサー広告記事編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
│posted at --:--:--│
2006年03月20日(Mon)

『FRaU』4月5日号

カテゴリー:├霧矢大夢記事編集

ジェンヌの花園、

きりやん編きましたよー!!


今日はきりカルDVDも出たし、きりやんディですね。いいことだ。
DVDは取りに行ったもののまだ見ていません。感想はまた今度。

取り急ぎフラウね!
もうね!


最高です(*~ー~)b


えーとどこから説明しよう。とにかくいいんですよぅ~!!

テーマは現代の信長だそうで。
「内に潜む狂気を見てみたい」というのがニナミカ様のコンセプト。

●1枚目
きりやんは手を口元に当てたポーズで、眼光鋭くカメラを見つめていらっしゃいます。
衣装はカーキのタンク(推定)に白いトップスの重ね着で、きりやんぽさも漂いつつでもいつもと違う感じ。
そして背景は紫です

無造作っぽい髪型といい、睫バシバシなのに女らしくないこの目力といい…TAKAKOさんありがとう…!
「内に潜む狂気」が感じられるお写真です。
きりやんには今まで、ありそうでなかった雰囲気がでているのではないかと。
あ~これ駅にある特大横長看板とかにならないかしら~。
ラッピングバスでもいいんだけど。でかでかと印刷してほしい。

このお写真、大好きです。


●2枚目
そして現代のノブナガ。超・ニナミカテイストのお写真です。
きりやんはゴージャスな着物に身を包みくつろいだ姿勢。
手には豪華なお扇子を持ち、そして目はギラリ

目はギラリとしているのですが光が宿っていなくて、本当、内なる狂気って感じ!?
髪も黒に染められ…というかそういう問題通り越してかなりいじられ、確かにネオ★ノブナガ。
う~んこの冷たそうな感じがたまりませんね。
このお写真も今までにないテイストですよ!!新たな一面。

こうしてまた違った雰囲気の格好いいきりやんを見ることができて幸せです。
私はお二人に礼を言わなければならない…(どうした改まって!)
本当にすばらしいお写真をありがとうございます。
崇拝崇拝。さんききゅうこうとう。


インタビューでは幅広い役柄を演じられる喜びについてなど。
いつも舞台に一生懸命なきりやんが素敵です。



というわけで!
これはもう説明しきれませんので、ぜひともお確かめください。




スポンサーサイト
 
│posted at 17:49:46│ コメント 2件トラックバック 0件
■この記事へのコメント
≫マリマリ
URL│posted at 2006-03-20(Mon)19:05│編集
私も見ました~!!開いた瞬間「うわ~・・。」と声出してしまいました^^;(書店で)
この2枚の写真は待受けにしなければ!なんて思っています。
2枚目は本当にいじられまくってます^^
なんていうか、なんか大正時代っぽくも見えません?
私はレトロな大正ロマン!に感じてしまいました。
それにしてもお・と・こを感じるのに色っぽい、凄いです、はい・・・。
私も1枚目はどこかの看板で毎日でも見た~いって思いましたよ~!
あの眼光の鋭さはきりやんならではです!!!
そうですね、きりやん内に秘めている物って今まで全て
見せてきてないですよね、だからこれは貴重です。
誰か大きく引き伸ばしてJRの駅の柱にでも張ってきて~!!っテ感じです。
ごちそうさまでした!!!
≫ユキ
URL│posted at 2006-03-21(Tue)14:32│編集
>マリマリさま

見ましたかー!
いつまででもながめておきたい感じですよね。
2枚目、確かに大正っぽさもありまうすね。大正ロマンな感じします!
オトコ感じちゃいますよね~。本当に色っぽいですよね~。
あぁ…もう目が釘付けです。
1枚目はぜひとも駅に貼ってほしいですよね
あの目力にやられました。
むしろJRの社内の中吊りは全部あの写真にしてほしいです(笑)

なんだかいつまででも語り甲斐のあるお写真でしたね!
月組大劇公演まではまだまだですが、しばらくはこれでのりこえられそうです。
本当、ごちそうさまでした!
■この記事にコメントを書く。




 削除や編集のときに必要です。
管理者にだけ表示を許可します。
■この記事へのトラックバック
■この記事へのトラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。