web制作

スポンサーサイト

カテゴリー:スポンサー広告記事編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
│posted at --:--:--│
2006年01月30日(Mon)

ヅカに関係ないことも書いてみたりして。

カテゴリー:日記記事編集

ちょっと数週間消える…かもしれません。
とにかく更新はまばらになりますので、
見にきてもずっとこのままーとかだったらごめんなさい。



以下、日記というかオタトーク



タカラヅカとはまったく関係のない話です
一言も宝塚に関して触れていないので、
それでもいいわヒマをつぶしたいわという方だけどうぞ。

友人のみなさん。来週のコナンを見ませんか?見ませんか?


続きを読む≫
スポンサーサイト
 
│posted at 20:15:36│ コメント 4件トラックバック 0件
2006年01月28日(Sat)

『25ans (ヴァンサンカン)』

カテゴリー:├出版物記事編集

タカコさん復帰決定が嬉しいです。
元気に…なったのですよね?万全の状態なのですよね?

そうそう。それは別として。
トップステージのゆうひさんがあまりにも美しすぎて呆然としてしまいました。
なんかね…精霊みたいな?(意味わからん)必見!
インタビューの中でかなみんのことを"ミホコちゃん"と呼んでるのが微笑ましかったです。



で!ヴァンサンカンきりやん記事の感想です。
高いよヴァンサンカン!一文無しになりました。
なのに実生活に役立ちそうな記事が…ないぞ…。
服はかわいいんだけどCLA●SYの方が好き。まぁそれはどうでもよろし。


君島十和子さんの宝塚連載です。君島さんがかわいい!
お写真は階段(劇場のね)でのと、レビュドリ中詰のがプロフィールにちょこっと。
(高校卒業と書いてあるけど卒業はしてないような)(気のせい?)

きりやんは君島さんの後ろに立ち、肩を支えてあげてる感じ。
んー格好いい。凛々しいきりやんですね。好青年です。
格好いい上に気さくそうです。そしてやはり手が素敵

君島さんに「霧矢さんが舞台に立つと、ブロードウェイの風が吹いてくる気分」とか「エンターテイナー」とか言ってもらい、嬉しそうに語るきりやん。
ミュージカルの話になって生き生きと語っていらっしゃいました。
これってきりやんがトウコさんを褒めるときに使ったのと同じ意味の言葉ですよね。
よかったねぇきりやん…!!
他にも外部出演の話など。
ミュージカル大好き宝塚大好き!というのがひしひしと伝わってきます。
生き生きしてていい感じですねー!本当に大好きなんですねー!



と。それに加えて。
以下、ちょっと失礼かもしれないけど言ってしまいたい感想。

続きを読む≫
 
│posted at 21:05:56│ コメント 5件トラックバック 0件
2006年01月27日(Fri)

いつのまに

カテゴリー:宝塚全般記事編集

今日はゆひカル初日ですね。
きりやんの台本読みを手伝ってくださったらしいゆうひさん…
素敵なオスカルと淑女S(重要)を見せてくださることでしょう。
楽までがんばってほしいです。


『NEVER SAY GOODBYE』のあらすじが、いつの間にか変更されてました。
主人公の名前がアラン→ジョルジュに。
そしてジョルジュはヘレン(女優)の愛人という設定に!
こ、これは三角関係!?ヘレンはるいるいなのでしょうか。
るいるいの愛人がたかこさん!?

解説はよりおもしろそうになった感じ。リアルになったというか。
ハナちゃんのキャサリンは社会派の新進劇作家だそうです。
しかも「アメリカの知識人」とかいって頭よさそうな言葉が追加されてる…!
ヒロインの位置づけがよりはっきりしましたね。
オキャンなハナちゃんよりしっかりしたハナちゃんが見たかったので、これは楽しみ。

タニーはヴィセントということなのかな…闘牛士いいな。

 
│posted at 18:20:21│ コメント 0件トラックバック 0件
2006年01月27日(Fri)

好みのヅラ『霧のミラノ・ワンダーランド』編

カテゴリー:└ヅラ記事編集

もうタイトルからして何がしたいのって感じですが。
んーと。髪飾りとかヅラの話。

ジェンヌさんが毎回自分で選んだり作ったりがんばっている髪飾り&ヅラ。
よく見るとプログラムでもその作品群を披露していらっしゃる。
…なんだか皆様気合の作品を作ってまして、ひとりひとり違っておもしろい!

その中から私好みの髪型をピックアップしてみようという、特に意味のない取り組みです。
しかもうっかりカテゴリとか作っちゃってまたやる気満々★

基本的に
・娘役さん中心に
・顔の好みは別として
・髪形やアクセサリーの雰囲気だけで
選びます。特に根拠はなくなんとなく判断ですのであしからず。

というわけで今回は『霧のミラノ/ワンダーランド』編のプログラムからー。

始めて気付いたけど、プログラムの写真ってある程度の位置に上り詰めるまでは
毎回同じのが使われるみたいですね。
(年が変わると新しいのにするのか?何年も同じのはない…よね)
そういう人達は衣裳も全組共通だしね。
とりあえず始めてだから全員から選ぶとしますが…。



●舞風りら(81期)
華やかだけどけばくなくてナイスバランス。
イヤリングのバランスもよくていい感じ。

●天勢いづる(83期)
ハートが何個も並んでる飾りががわいい。
髪形がインパクトある分アクセサリーがごてっとしてなくて良い。

●花帆杏奈(85期)
パールがかわいいー!このままじゃ踊れなそうだけどね!
いっぱいつけてそうなのに総合的にあっさりめなのが良い。

●雛月乙葉(91期)
パールが片側だけなのが好き。
ぐりぐりの髪とにはこういうぽてっとしたイヤリング(ピアス?)が合ってるなーと。



こんなかんじで。
舞風さんといづるんは入れるか迷ったんだけど…やっぱりかわいい髪してるし。
路線だからとか娘トップだからって外すのもね。なんかね。
(シナちゃんは髪もアクセもかわいいけど目が…目のメイクが怖い)
(ということで今回は選ばず。前髪ちょろんはかわいいのになー)

しかしみなさん凝ってますねー。
結構大事なお写真だもんね。下級生は何度も使われちゃうし。

ヅラ見るの楽しい。
って書いてから気づいたけどあれは全員ヅラなのか?
……まぁいいじゃん。いいってことで。
また忘れたころにやりまーす。忘れた頃に…。


 
│posted at 00:23:05│ コメント 4件トラックバック 1件
2006年01月25日(Wed)

『別冊コーラス』

カテゴリー:├出版物記事編集

別冊コーラス買ってきました!
母に頼んだらうっかり普通のコーラスを手に入れてしまってどっきり★
いやぁはぐでしたはぐでした。
おかげでハチクロの急展開を見るはめに…あぁびっくりした。


んで、別冊コーラスのベルばら特集。

わたるさんとコムさん、となみさんは巻頭にカラーのお写真があって
他のメンバー(オサさん・あさこさん・トウコさん・かしげさん・水さん・きりやん・ゆうひさん)
はそれぞれ見開きの4分の一ぐらいのスペースにインタビューとお写真が。

白黒でしたが、写真は結構いいかんじ!
キメた感じのが1枚と、それぞれ話してる途中のお写真が2枚ずつ。
その2枚のお写真が素っぽくて、みんな良い感じです。
とくに超笑顔のトウコさんと、にこーっとしてるゆうひさんがあまり雑誌では見られない雰囲気で素敵。

きりやんは優しそうなお写真♪
白ジャケット(パソカレのか?)で中も白、首にはロザリオをしています。
男臭くも女らしすぎもなく、男役!という感じで大変かっこいいです。
凛々しいようなかわいいようなね…ワンチャンのようなオスカルだからね…!

一人ひとりに「ヅカ好きから一言★」というコメントがついているのですが、
きりやんのは「イイコちゃんなノーブル感に虜!」だったので白づくめがそれっぽい!
(イイコちゃんと聞くとどうしてもブランディーを思い出しますが)
(ノーブル感??…貴族っぽいのか!?)
最近色々な服装のきりやんが見られて嬉しいです。

インタビューはオスカルについてなど。
きりやんの初・ベルばらはマンガで、
「特定の人物を好きになるというよりはすごい作品だなと思いながら読んでいた」そうです。
歴史物漫画がお好きだったようで。
アニソン好きだったとか、海のトリトン読んでだとか、
ベルばらみて「どうしてアンドレが後に降りてくるの!?」と思ったりとか
結構漫画好きだったようですね。うんうんいいことだ。


「ヅカ好きから一言★」はかなり…なんていうか納得のものもありましたね。
お気に入りはミズさんのとゆうひさんのです。納得(笑)


あと、わたるさんとコムさんのインタビューもおもしろかった!
コムさんが王子ジャケットを着ていてかわいかったです。
わたるさんもコムさんも満面の笑みのお写真があって良い感じ。
となみんぐは黒のノースリタートルという、
あのスタイルの人がきると本当にすんばらしく見える装いでご登場。美。



ベルばら特集ということで、漫画のシーンとその部分のヅカシーンがならんで載ってておもしろいですねー。
ていうかもうジュリドレが載ってることだけで大満足。(そこか)
ジュリルキーニの写真めっちゃかっこよかったー!



そういえばフラウでまたニナミカさま連載始まりますね!ドキドキ!
第一弾は轟さんみたいです。
また素敵な世界を見せてくださるのでしょうね。今から楽しみ!

 
│posted at 17:16:20│ コメント 0件トラックバック 0件
2006年01月22日(Sun)

『婦人公論』

カテゴリー:├出版物記事編集

婦人公論買ってきましたー!

オスカルとアンドレ―華麗なる男役5人の競演

です。白黒か…まぁしかしお写真は撮りおろしっぽいのでいいや。
それぞれ顔のアップと、全身(でもないか)のお写真、それにインタビューです。


【きりやん】
お写真は丸いボタンがぽこぽこならんでるジャケット、中は黒のタートルネックに、ロザリオ。
下は…カーゴかな?デニムかも。ベルトはトップステージと同じ銀の物です。
きりやん、タートルネックが数年前と比べて随分さまになっています。

見出しは「私なりのオスカルを精いっぱい楽しみたい」うんうんまっすぐで素敵。
オスカルを演じる上での思いや、演じることに対する思い(病気の話も交えて)を語っておられます。
まさか自分にオスカルがふられるとは思ってもみなかったらしいきりやん。
アランやベルナールのほうが親しみがあったとか。TCAでやったしねアラン。

曰く、「貴族はどうも敷居が高くて。」

………庶民派なあなたが好き!

まぁ周りを見回しても妖精コムさんに貴公子かしげさん、
ゆうひさんは皇太子ですものね。きりやんがテロリストやってる時に。
ミズさんは…なんていうかオーラがこう…貴族というか。明石だし。いや明石は庶民か。
とまぁ色々言ってますがきりやんだってルイ14世ですから大丈夫。
くるくる外人パーマはとても似合う!あぁ素敵に貴族だったんだろうな~見たいな~。

またそんな貴族をやるにあたってきりやん、
「緊張しています。果たして舞台で息できるかな!?というくらい。」

かーーーーーーわーーーーーいーーーーーいーーーー(略)ーー!


記事全体を通して、ひたむきで一生懸命(でも自然体)なきりやんでした。
なんかね、謙虚ながんばりやさんて感じで大変好印象でした。

まとめは「ぜひ見守っていてください。」

はい!見守ります!DVDがでたらば!!



【トウコさん】
カチッとしたジャケット姿。最近のビクトリアン調や騎士っぽいジャケット姿とはまた違った感じ。
ポケットに親指を入れて凛々しい雰囲気です。

アンドレが一番お好きなトウコさん。
「私の大好きなアンドレは、今公演で5人のオスカルを相手にしますので、それぞれを受けて5色でお見せしたいと思います」

あぁまたそんな全種類欲しくなるようなことを…!
(きりやんとゆうひさんとトウコさんのを買おうかと思っているのですが)
(それだとトウドレは2色しか見られないのですよね…)



【ゆうひさん】
見出し。

母に抱かれて視た

憧れの「美神」を体現したい



おぉぉっ!ゆうひさんすごい…!明らかに他の4人と言葉のセンスが違う。

【トウコさん】
3回目の「ベルばら」出演で、新しい反応を引き出したい
(意欲的)
【かしげさん】
愛する人のために身を引く、大きな器の男性を演じたい
(ジェローデル)
【ミズさん】
軍服とかつらにこだわって、華やかな世界を表現したい
(ビジュアル派らしい!)
【きりやん】
私なりのオスカルを、精いっぱい楽しみたい
(ひたむき系)
【ゆうひさん】
母に抱かれて視た、憧れの「美神」を体現したい
(神々しい…!)

なんていうか…ラファエロっぽいですよね。これだけ読むと(ラファエロは美神じゃないよ)。
内容は、ゆうひさんが初めて観た宝塚の舞台はベルばら初演で、
小さかったからお母さんに抱っこされて見に行ってた、という微笑ましいものでした(笑)


5人それぞれ違ったことを話していておもしろかったです。個性がでますね。
かしげさんとミズさんの記事もよかったですよー!
でももう疲れたから感想は省略。

 
│posted at 18:27:33│ コメント 2件トラックバック 2件
2006年01月21日(Sat)

はらはらー舞うー

カテゴリー:日記記事編集

やー!雪でしたね!センターでしたね!
マイフレンズは大丈夫だったのかしら…みんなファイトッ(届かぬ激励)

ブックマークに其れは言霊の幸ふが如くさまとBLACK???さまを追加させていただきました。(↑追加した順)(→表示は、宝塚関係であいうえお順、それ以外であいうえお順)
どちらもきりやんファンの方のブログです。グラッチェ!
グラッチェってよく使うけどどういう意味なんでしょうね?

本当は「NEW」とかをぴこぴこさせたいのですけど
なんかブクマは変数がないらしくそういうことできないのですよねー。
ていうかできるかもしれないのですけど知識が…足りなくて…!

というわけでここでお知らせしてみました。
あー今日も本屋いけなかったよ。


最近わが母のヅカ脳度が急激に上昇してましておもしろい限りです。
もともとは「ヅカ!?…えー(引)」みたいな人だったのですが…

今日もCMにもこみちが●たとき。

「やータニに似てるよねー。…いやいやも●みちタニにてるのか!」

またキムタ●がでたときも。

「オサさんが…!オサさんが…!」


またさっきヤマセマミが「では、まみさーん」と紹介されたときも。

「え!?真琴つばささんでてるの!?」


…と、確実に脳がヅカ化しているようです。
しかし●こみちがタニーに…?(曰く、かわいくて感じいいとこが似ているらしい)(…)
数週間前には「めおちゃん」が誰だかわからなかったのに。
数ヶ月前には「ガイチさんて誰のあだな?」とか言ってたのに。

…いい傾向です(満足げ)。
 
│posted at 23:04:32│ コメント 7件トラックバック 0件
2006年01月20日(Fri)

『GRAPH』2月号

カテゴリー:├出版物記事編集

熱レッツが最高でした!というのは昨日書きましたがその他のグラフの感想。


【表紙】
おぉー!2か月連続悩殺路線か!
なんていうか王者って感じ?ブローチがすごく素敵。


【かなみんのウェディングドレス広告】
かーわいー!今までのとアングル違い?
かなみんて幸せそうでいいですよね。


【FANTASISTA】
たかこさんですね。握力測定器片手ににこって笑ってるのがキュートです。
でも私は雫の三枚のお写真が好き。お茶目でかわいい!
ニナミカ様写真集の蝶は本物の標本らしいです。
そりゃ虫嫌いなら怖いよね…
蝶と蛾が大嫌いなので考えただけで身の毛がよだちます。
カマキリとかミミズは平気なんだけどね。


【ふづき美世サヨナラ特集】
ふーちゃんかわえぇのう。
ふーちゃんはどんどんかわいくなっていきますねぇ。
初めて見た舞台の主演娘役さんはふーちゃんだったので、
この人がいなくなるのかと思うとなんだか寂しいですね。

で、サヨナラ対談のお相手はオサさん
おぉ…!そういうのもありなのか!!
いやー対談読んでも本当ふーちゃんかわいくてねぇ。
旅行にいったときにオサアサに笑いものにされるふーちゃん、とか…。なんか不憫だ。
「オサさんについていこう!」と一生懸命なふーちゃがかわいいです。
本音→トークDXとオサさんのノリが違う気がしてちょっとシュン。


【Dress Press】
【Fairy Magic】
ドレスプレスはアンリエッタ!ヅラ物語はあすかちゃん!
いやぁいいですねぇいいですねぇ。
娘役さんの、鬘へのこだわりみたいなのがわかるのが楽しいです。
ジュディッタのあのウェーブはすごい研究のもとで作られたのでしょうねぇ…!
ふーちゃんのヅラもすごくこっててかわいい。


【Another Stage 月組】
同じ場面の舞台写真と稽古のお写真が並べて載せてあっておもしろかったです。
・トレンチあさこさんかっこいい!トレンチいいよねー。
・あさこさんに抱きつく(?)ゆうひさんの眉間の辺りがかわいい。
・JAZZYのオープニングのスーツの稽古風景、みんな「こんな感じ?」みたいな表情でよい。
  このきりやんの恰好好きです。黒のシャツにカーゴがかっこいい!
・あいあいの手首をささえるきりやんの手がかっこいい!
・きりやんとあさこさんの談笑!おおぉーいいショット★
  このきりやんめちゃめちゃ素敵ですね…!
・その下のお写真のゆうひさんもいいですねー。目線と手が特に!
あぁいいなぁお稽古風景…!


【DUET】
ナイスコーナー!
ハラショーです。ブンダバです。
おでこコツン★が…!すごいや!


【本音でチョイス】
ミズさんが千鳥ケ淵をいれてくれたのが嬉しいです。
タニはゴッドファーザーが好きだからシチリアにいってみたいらしい。
またフランスの田舎町に行って畑仕事を手伝いたいらしい。
なんてかわいいんだタニちゃん…!
まーそれはそれとしてお二人とも綺麗ですなぁ。笑顔が素敵。


【Word is Power】
これ毎月なんだ!?よーしよしよし。
このコーナーも私の好きな「上級生を慕うジェンヌさん」が見られるナイスなものであります。
今回はあひちゃんまっつしなちゃんでした!
それぞれマミさんオサさんとなみんのお言葉をチョイス!
3つともいーい話ですねーいいですねー最高ですねー!
余談ですがしなちゃんも結構好きです。


【思い出かずかず】
あかねちゃんは、音楽学校に入るまで自分は濃い顔だと思っていたのに、同期の面々を見て「自分はウスイ…」と思ったそう。
…おもしろい。


【ステージポスター】
かなみんかわいいかわいいかわいいかわいいい


【GRAPHの雫】
フィンチくんのほっぺをむにーっとひっぱるトウコさんがかわいい。
フィンチくんて本当かわいいですよね。
居住まいが…なんかこう…良いです。


こんな感じでしょうか。

来月は表紙がきりやんと舞風さんだそうです!やった!楽しみ!
…そっかー悩殺系は二回で終わりか。
そしてきりカル写真!!おー!!
とりあえずお写真は全員分見られるのね。よかったよかった。
ヅラはDVDに入らないやつを…ていうか最終的に全部見られるようになってますように!

あとはの匿名リサーチと熱烈対談、予告にはないけどWord~が楽しみです。
かしげさんは誰指名でしょうか。
…またハマコさんだったら楽しいのに。


婦人公論とヴァンサンカンも買わねば…!
嬉しいんだけど出費がかさむかさむ。
 
│posted at 23:05:30│ コメント 2件トラックバック 1件
2006年01月19日(Thu)

きりカル楽

カテゴリー:├霧矢大夢記事編集

今日はきりカル楽です。

この1週間、あちこちのブログさんや掲示板できりカルの様子を読んで楽しく過ごしました。
まー見てないのでなんともいえない感じではありますが
きりやんがかわいく・かっこよく活躍してくれて嬉しかったです。
オスカルとして生き抜いていたことと思います。
お疲れ様でしたきりやん…すごくかわいかったんだろうなぁ!

とにかく無事に今日までオスカルができてよかったですね。
星組のみなさんありがとうございました!
そしてレポを書いてくださった方々ありがとうございました!


あとはもうDVDを楽しみにほくほく待ちます。


きーりかーる♪きりかーる♪
君はこころのー白ばらーさー♪

 
│posted at 20:22:15│ コメント 3件トラックバック 0件
2006年01月19日(Thu)

熱レッツ対談(らしい)

カテゴリー:├出版物記事編集

今日はきりカル楽ですねー。
それについてはまた後ほどゆっくりと。


で!!GRAPH2月号の感想…もとい、
熱烈対談~ずっと貴方と語りたかった~の感想です。

(普通の感想はまた明日。とりあえずこれだけ!もう!ねぇ!)

間に合わなかったと思ったのに昨日ちゃんと来ました。寛大な出版社!


さてさて昨日狂喜乱舞したとおり、
きりやんはトウコさんをご指名です。嬉しいです嬉しいです嬉しいです。
ああ幸せ…!夢のようですね。身悶えしながら読みました。
まさかトウコさんとは…!
発言一つ一つに感想があるのですが、なんとかコンパクトにまとめたいと思います。

きりやんは茶色のブルゾンにベージュのズボンでカジュアルな恰好。
中のカーキ色のシャツがきりやんて感じ。赤い靴がかわいいです!
トウコさんもカジュアル路線で、紫ニットに迷彩ズボンで、首には白と黒のマフラー(ストール?)でした。

背中合わせに立って笑顔の二人。
頭こつんて…!こつんてしてるの…!!

ああ…(至福)(そして鼻血)


2ページめと3ページめでは、なんとフィンチくんが登場!
フィンチくんをだっこして嬉しそうなトウコさん。
トウコさんにいじられるフィンチを見て満足げなきりやん。の、口がかわいすぎ。
きりやんは少年風というか青年風というか、かなりいい感じに写ってます。


ト「熱烈に私と語りたかったの?」
き「はい(笑)」


生きてて良かった……!!


き「とうこさんのようになれたらと」


(*´д`)かみさま!


ト「この人と一緒に芝居をしたらどんな感じになるんだろうな、一緒に芝居をしてみたいな、と思った。」
き「漠然ととうこさんと共演させて頂けたらなと思っていたのですが」


ふおぉぉぉぉ!


き「これからもとうこさんを尊敬し、お慕いしていきたいなと思いました(笑)」

お 慕 い !

(ツボワードランキング第1位)


  きりやんはなんでもきちんとやってしまうので、トウコさんの絶妙な力の抜き加減を学び取りたいそうです。で、トウコさんはそんなきりやんの硬さをどうにかほぐして行けたらとからかってくれたりしたそうで。
  それなのにきちんとするとこはきちんとしてたトウコさんを、きりやんは尊敬していたようですね。

  いいよねぇそういうの。

  で、そんなまじめっこきりやんの殻を破ってくれたのがフィンチ!

  きりやんはトウコさんについて、「歌声が自然に音楽に乗っていて、とうこさんが歌い出すだけで、パーッと舞台にミュージカルの世界が広がる」と言っていました。本当、その通りですね。
  でも、私にはきりやんもそんな感じですよ。お二人のあの歌のうまさはミュージカルのうまさだと思うのです。そしてそういう人が大好きです(聞いてない)。

  まじめな話もおもしろい話もされていて、すばらしい対談でした。きりやんはトウコさんにフィンチくんのお写真を送っているそうです(笑)

  さすがに先月のちえちゃんほどではありませんが、きりやんもなかなか「お慕いオーラ」をかましてて大満足です。先輩になつく・先輩を慕う下級生という図が私の最大のツボなので…しかもその先輩がトウコさんですからもうなんか言葉もでません!!こういう企画好きです。…ツボですね。トップさんと新公主演さんの対談コーナーも大好きだったそういう意味で。次も楽しみ。
  念って通じるものなんですねぇ(しみじみ)。いやあもう本当に嬉しくて嬉しくて、何度読んでもじーんときちゃう。



最後に気になる発言。

ト「もしかすると私と似たような事を感じているんじゃないかなと思ったりもして。」

笑。
いや。なんでもないです。
 
│posted at 10:12:02│ コメント 2件トラックバック 0件
2006年01月17日(Tue)

幸せにしてくれる!!

カテゴリー:├出版物記事編集

熱烈対談は

続きを読む≫
 
│posted at 21:05:51│ コメント 2件トラックバック 0件
2006年01月16日(Mon)

組替え

カテゴリー:宝塚全般記事編集

ついにきました。

個人的感想↓
続きを読む≫
 
│posted at 23:33:04│ コメント 0件トラックバック 0件
2006年01月16日(Mon)

2001のTCAスペシャルは絶品だと思う。

カテゴリー:├霧矢大夢記事編集

だってほらなんだかみんな女装してるし。
(イベントとしては楽しいですよね。女装)
愛華さん爆裂すてきだし。
たかこさんがいつの間にか隅っこにいって肩身せまそうにしてるし。
そんなたかこさんを話題にいれてあげようとする愛華さんがかわいい。



それはそれとして。
今日はきりカル5日目ですね!

新ヅラもお目見えして絶好調!(推定)


私がきりカルで楽しみなのはなんといっても今宵一夜です。
今宵一夜っていうか、「私を抱け!」と「愛あればこそ」のデュエット。
きりやんとトウコさん…!最高です。最高です。最高です。
私の中できりやんとトウコさんというのは、組み合わせてほしいけど叶わぬ夢と思っていたドリームペアなので。
そしてきりやんが「私を抱け!」とか言うと考えただけでもう…!くっ!


それからバスティーユも楽しみですねー。
アランとしてバスティーユを踊るきりやんを見たのですがその時点でかっこよくて。
ましてや今回はオスカルですから、真ん中でバスティーユを踊るわけで。
オスカルはイベントで前にもやったことありますが、
ずっとオスカルとして存在して、オスカルとして生きて、
その中でバスティーユを踊るというのはなんだかすごいことのような気がします。


そして淑女S!可愛いと評判の!
きりやんとってもイキイキしてるらしいではないですか!
女装好きそうだわ…いや女装とかいうのも違う気がしますが。
なにしろ足がセクシーな上に谷間が見え気味だとか
楽しみですね★(満面の笑み)


最後まで幸せそうなきりカル且つ淑女Sを!




ちょっと更新まばらになりますー。

 
│posted at 18:27:02│ コメント 2件トラックバック 0件
2006年01月15日(Sun)

ざれごと。

カテゴリー:├霧矢大夢記事編集

今日は東宝星ばらの発売日でしたね。
なんとかとれましたけどすごかった…一瞬でなくなってたS席。
どうやらきりカルの鬘は黒髪シンプルと黒髪ゴージャスの二種のようですね。
ってことはなんらかの形で両方見られる…であろう。


(追記:と思ったら新ヅラが光臨したそうです!
 うわーうわーいいなーみたいなーかわいいんだろうなー!!)



さて。もうすぐ発売の宝塚GRAPH2月号!
私的一番のポイントは
「熱烈(Let's)対談」霧矢大夢編です。

いったいきりやんは誰を指名なさるのかが気になるところですね!
というわけであれこれ想像してみたいと思います。


注・予想するというよりは、あれこれ想像してうだうだ言う内容です。
  真剣に予想するつもりは微塵もありません。

  ・


1月号のゆうさん編には「誰でも指名していい」とあります。
きりやんの今までのご指名相手を、わかる限りならべてみると…

絵と文→ゆうひさん(上級生)
リレーDEジェンヌ→百花さん(同期)
ZOOM→ゆらさん(上級生)

でした。(絵と文って指名なのかしら…まぁいっか)

ZOOMは下級生に頼んでる方も何人かいたのですが
そこをゆらさんに頼むあたりなんともおもしろいですね。
またPB内できりやんは年上の人といるのが今は好きと言っていたのもポイントかと!
…ただしPBは大分前っちゃ前なので今参考になるかはなんとも…。
しかしきりやんが同期の方もしくは上級生を指名する可能性は高い気がする!
下級生だとしても期は近い人な気がする!


ここでユキ的候補をあげてみます。

・オサさん(花つながり)
・ミズさん(特出つながり)
・ゆみこさん(同期)
・百花沙里さん(同期)
・初嶺麿代さん(同期)
・毬穂えりなさん(同期)
・タニー氏(元月)
・ふーちゃん(花つながり)
・舞風さん(1期下・新公つながり)
・るいるい(元月)


こんな感じ。
同期の方と、花または月で一緒だった割とかかわりありそうな方。

しかしこの中でゆみこさんと百花沙里さんは一度対談しているので
同期ならば久遠さんか毬穂さんにふりそうな気がする…。
そしてミズさんとタニはPBで対談をしているので2度目はないような。

そういえば宙と花の方だと公演期間的にどうなのでしょうかね。
オサさんは…あまりトップさんを指名したりはしないものなんでしょうかね。
でもミズさんと一緒に写メ送ったとか言ってたしもしかしたら、と。
舞風さんは、ハウトゥの相手役だったので入れていました。
ふーちゃんは見たいです。あのグラフの表紙をもう一度!
るいるいは結構関わりがあったのに組替えがあった人、ということで。


また考えられるのは最近新公できりやんの役をやっていた、
・ひろみちゃん
・もりえちゃん

あたりか!月組生ならだいたい同じ地域にいるし。
…でもこれも別に普段から話せるものね。あえて機会を作って話すというのはまた違うか。
でも普通に月組上級生を指名してくる可能性も結構高いのではないかと。


ではここで希望以外のなんでもないのを言っておくと
・トウコさん(ベルばらつながり)
・ゆうひさん(月)


うん。これはまぁコメントとかするまでもないただの願望です。
のせてみたかったの…!言ってみたかっただけなの…!
なんとなく上級生を指名してきそうなきりやん。
トウコさんと取材を受ける期間があったかと聞かれれば…ないような気もしますが。
ゆうひさんとのは見たいのですが、そういえば前にプルミエールでやってた気が。
考えたら熱烈に対談しなくても普段から喋っていそうではあります。

ま、想像想像。


結論。

わからないややっぱり★



なにはともあれ楽しみですねってことで!(無理矢理まとめ)

 
│posted at 17:31:06│ コメント 3件トラックバック 0件
2006年01月14日(Sat)

関東の中心で愛を叫ぶ。

カテゴリー:├霧矢大夢記事編集

おはようございまーす!ありがちなタイトルできりカル3日目★

ベルばら効果とはすごいものでして
なんだか最近「きりカル」で検索してくださるかたも多く
大変申し訳なく思っています。だってほらDVD組だから。
(いつもは某木綿子さんで検索してくださる方が多く)(それも申し訳なく)


せめて見に行ってないなりにきりカルについて語ろうと思います。
見てないのでだいたい妄言となりますがご了承下さい。


スポニチサイトのベルばら記事にきりカルお写真が載っていました。
蒼さまに教えていただきました!ありがとうございます(_ _)
りりしいですねーきりカル。くるくる似合いますねー!


きりカルはクリアなセリフと豊かな歌唱力で、さすがの実力を見せたそうです。
んでもって、アンドレ役の安蘭とは背格好がぴったりということもあって、まずその居住まいがしっくりいったとか。

そう。きりやんファンとして超贔屓目発言をさせていただきますと、

トウコさんとのバランスが一番いいのはきりカルではないかと!
(顔の問題ではなく)(二人とも167だし

この組み合わせならどっちもかっこよく見えるぞ★みたいな。
しかもわたるさんがどでかく見えること間違いなし。さすが北欧の人は大きいな!
とナイスバランス。
にしても2人の組み合わせっていいなー。ハーモニーがすばらしいのでしょうね。
むしろフィナーレでは2人のタップシーンを!小粋に!
~「薔薇のタップ」小粋な紳士S・小粋な淑女S~
とか!あーでも小粋という言葉がすでに小粋ではない気がしてきた。


さらにきりやん、女性らしいはにかみを残したところがうまかったそうです。
はにかみ…!
あーもうかわいいんだろうなぁむっちゃかわいいんだろうなぁ!!


で、なによりもバスティーユの場面、切ない女ごころの表現から剣をとって立ち上がる場面への切り替えの表現も見事だったそうです。
ぜひとも見てみたいですね。すごいなぁきりやん。


こんな感じでした。
……なんかすごく褒められてる気がする!!スポニチ様ありがとう!!



DVDがでるおかげで、こういう記事を読んでもうきうきできます。
またきりカルのお写真を送ってくださる方がいまして、人の優しさを感じています。
ありがとうございます。(さんききゅうこうとう)(字わからん)
人って温かいのね…!メディアも温かいのね…!

というわけでますますきりカルを応援する次第です!
今日も素敵なオスカルを!そして淑女を!



…ってほとんどスポニチからの引用じゃ…!


まぁ引用ついでにおまけ。
某木綿子さんのお名前で検索してくださった方へ。
こんなんでてきました。
心なしか一人だけ髪の色が明るいような。
みーきかーる♪みーきかーる♪君は心のー白ばらーさー♪

 
│posted at 07:24:00│ コメント 1件トラックバック 0件
2006年01月13日(Fri)

黒髪……万歳っ!

カテゴリー:├霧矢大夢記事編集

はい。2日目ですね。
DVDを楽しみにしながら今日も関東地方にいます。ユキでっす!

どうやら昨日のきりカルは

黒髪淑女

だったらしく非常に嬉しく思います。
しかもくるくるのときもあったらしい!
なんていうかDVDのブックレットには全バージョンの写真が欲しいのですがそれは無理ですか(問うてどうする)



いてもたってもいられないのでベルばら2001オスカル編を見ていました。
……ものすごくおもしろかったです。ていうか不覚にも号泣しました。
「ま。ベルばらだし。ある程度は…」とか思わなくても見られたよ!
本当もう感動の嵐。みんなかっこよかった。
いつか感想書きたいですねー。いやぁ本当よかった。


さ。きりカルの夢を見ながら単語覚えよう(睡眠学習)。

 
│posted at 00:29:45│ コメント 2件トラックバック 0件
2006年01月12日(Thu)

きりカル初日

カテゴリー:未分類記事編集

今日から!
宝塚大劇場で!

霧矢大夢さんがオスカル役で
『ベルサイユのばら』に出演されます!

短い間ですが、オスカルとして輝いて欲しいですね。

二足のわらじでお稽古期間は忙しかったでしょうが、
公演中もお体に気をつけて。
19日まで元気に舞台に立ってくださることを祈っています。

きーりかーる♪きーりかーる♪
君は心のー白ばらーさー♪
 
│posted at 00:03:12│ コメント 3件トラックバック 0件
2006年01月11日(Wed)

でたよ解説!

カテゴリー:宝塚全般記事編集

暁のローマの解説がアップされてます!


おぉぉぉぉ!!青なんですか。青なんですか。
てっきりオレンジを想像していました(暁だっていうから)
でもこれはレビューのイメージのお写真なのかな?


で。解説を読む限りこれはブルータスが主役でいい…のかな。

実はシーザーをやるにあたりとても心配なことがひとつあったのですが
どうやらそれは杞憂に終わったので一安心です。何かと言うと…

クレオパトラという役はあるのか?

という不安が…ね!
わざわざジュリアス・シーザーを借りて、クレオパトラでてくるかチェックしちゃった★
でてこないことを確認しホっとしたのもつかの間、
パリアのように原作にでない人物が追加され得ることを思い出しまたドキドキ。
あさこさんと轟さんどっちがシーザーでどっちがブルータスとかいう想像が全然浮かばないほど
うーんうーんクレオパトラでたらどうしよう…状態でした。

何をそんなにクレオパトラを恐れていたのかというのはご想像にお任せします。
(なんていうか失礼な話のような気がするので)
だってきりやん彫り深いんだもん(えー)。
木村先生っていうとトウコさんがアイーダのイメージが(王家だけじゃん)。

いやぁ。心配損でよかったよかった。



芝居も楽しみですが(シェークスピアだし!)ショーが楽しみです。
宝石ってなんか、きらびやかそうで。
解説読んだだけで好きそうな香が!
しかしもう5・6月の公演解説がアップされるのかー。…早いねぇ。


ところで学校にいっただけで全身筋肉痛になりました。
 
│posted at 09:43:04│ コメント 2件トラックバック 1件
2006年01月09日(Mon)

『長崎しぐれ坂』

カテゴリー:├観劇(非生)記事編集

  さてさて『長崎しぐれ坂』を見ました。
  ネタばれ含む感想です。


  プロローグが好き。松本悠里さんの日舞と仙道花歩さんの歌中心に、龍を舞台上で動かしたりしていてとてもきれい。踊りの上手い下手なんざわからぬと思っていましたが、そんな私でも松本悠里さんの踊りがすごいことはわかりました。身のこなし一つ一つが美しくて、ぼーっと作品世界に引きずりこまれます。これでこそプロローグ!
  花歩さんの歌も好きなのでおぉナイスと思っていたのですが。
  …これが長いのね。
  さらに主役三人(卯之助・伊佐次・おしま)の子ども時代まででてくるものだからなんとも…。うーん子ども時代かー。



  んで、これは江戸時代の長崎の話です。

  ヅカの日本物は始めて見ました。平安時代――特に中関白家全盛期と中関白家がおちぶれるあたり――は割と好きなのですが、それ以外の日本物ってあまり興味がなくて…まぁせっかく放送してくれてるんだからみるか、ぐらいのノリで、食事しながらもそもそと見ました。
  それがよくなかったのね。
  
  私は長崎を甘くみていた…!!

  言葉がわからん!

  最初に立樹さんたち役人(?)がでてきて説明的な会話をするのですが、それがよくわからない。ところどころ知ってる言葉が聞こえてくるのですが、なんだか全体的に異国の言葉のように聞こえました。ま、私の言語理解能力が低いわけです。しかしプロローグで一気に引き込まれたのにあまりのわからなさに一気に現実にこんにちは。
  あらすじは知っていたのでなんとか大筋はわかりましたが、とにかく舞台は唐人屋敷に。

  この唐人屋敷には中国人が住んでいます。(唐人屋敷とはいうけど時代は清朝)ここにいる中国人は、長崎弁と中国なまりを駆使してしゃべるのですね。
  「ばってん、○○アルヨ!」みたいな。イントネーションが、ごっつえ●感じの変な外人みたいで…(ってわかりますでしょうか。あの、オノもって「ずんずんたった♪」って踊るやつです)おぉぅカルチャーショック…!変なイントネーションで普通に演技する星組の皆様に感動してしまい、これに慣れるまでにまた何分かかかりました。ま、なれるからいいんだけど…。



  話自体は「もう昔には戻れない」「幼なじみ」「友情」がポイントで、そういうのは大好物なのでぐっと入り込んで見られました。

  卯之助(湖月さん)と伊佐次(轟さん)とおしま(壇さん)が神田育ちの幼なじみなのですが、わけあって伊佐次は長崎の、しかも唐人屋敷からは外に出られない身になっています。今ではそれぞれ別の道をいく3人の様子を描いたお話。

  ところどころで聞こえる神田のおはやしが情緒たっぷりでいい。「戻りたくても戻れない」という苦しさがよくわかります。神田のお祭に思いいれはないのに、いつのまにか見てるこちらも「あぁ…おはやしが…!」とかなんとなく感慨深くなっている不思議。
  そのため最後のシーン、そして伊佐次と卯之助のやりとりでは感動します。轟さんも湖月さんも熱演でゾクゾクします。いい話だ。

 
  それから見所!と思ったのはらしゃ(トウコさん)のシーンですか。あまり出番がないのが個人的には不服ですが、話全体としてはいいバランスです。となみんぐとトウコさんの並びはもう見てるだけで幸せに。となみんはチャイナ服似合うね。
  らしゃの死ぬシーンの美しさは圧巻。



  とにかくひとつひとつのシーンが美しいのがいいですね。らしゃのシーンだって、トウコさんが格別美しいというのはもちろんあるけど、あの人の配置とか、やりとりとか、そういうのの積み重ねがとてもイイ!
  伊佐次がいちいち窓辺に座っているのも哀愁漂ってますし、伊佐次とおしまの、しぐれ坂でベンチに座ったり座らなかったりするところ、あそこもまたイイ!    

  またクライマックスでは精霊流しのイメージの踊りと交えて捕物が描かれていて、これも本当、イイ!追いかけっこのシーンてセリフで説明されるより、こうやってちゃんとやってくれた方がより一緒にドキドキできていいと思います。
  ただ行ったり来たりするのではなく、精霊流しの踊りと歌(またもや悠里さん&花歩さん!)をメインにもってきて表現するのが、宝塚的でいいなぁと。まずは美しく!


  個々のシーンが美しいのにくわえて、もうひとつ。

  
  これ、全体的にすじの通った話なのです。
  こうだから、こう思って、こうする、という人物の動きがとてもよく書かれていて、「なんで!?」「どーして!?」「ありえない!!」というツッコミが生まれません。だから言葉の壁を感じても話には入り込めます。(ていうか筋が通ってるのが最低条件な気がするのですが。どうにもツッコミ所の多いものがあったりしてね)

  またそのちゃんとした人物を演じる星組のみなさんが、うまい。みんなそれぞれ生きていました。主役3人はそれぞれぴったりの配役で、卯之助の憎めなくて暖かい感じ、伊佐次の不器用なかっこよさもそりゃ女にモテるわな、と納得。おしまはきれい。とにかくきれい。そりゃ2人もほれるわ。
  それに唐人屋敷のえらい人役の組長さん、伊佐次の彼女の唐人・リカの万里柚美さん、それに情けない役どころの高央りおさんが良い味だしてたと思います。


  こんな感じかな。感想書くのってむずかしいですね。

  

  明日は●週間ぶりに学校にいってきます。…明日いったら、もう次いくの卒業式の前日?3年ってあっというまだなぁと思ったり。だんだん「選ばなかったもの」が増えていくのをひしひしと感じてなんだかなぁですね。

  たいてい「今からじゃもう遅いよね」と思うことって、何年か後に振り返って思うと「あのときなら間に合ったのに…」ってなっちゃうんですね。ちょっと見切り発車が早いんでしょう。でもやった後悔もやらなかった後悔も、等しく心にのしかかってくる。

  
  
 
│posted at 21:39:58│ コメント 5件トラックバック 0件
2006年01月08日(Sun)

太陽に会いたい

カテゴリー:日記記事編集

昨日のシバ感想に、ちょっと尋常じゃない誤字脱字がありました。
見苦しいものをアップしてしまい申し訳ありません。



今さら。
きりやんDSDVDにあさこさんが映っていることに気づきました。
(って勘違いだったらどうしよう)
(勘違いだったらこっそり教えてください)(無責任)




私は普段なんちゅーことない格好をしてるのですが、
大学生になったら
「今しかできない格好」をしようと思い立ちました。

雑誌で言うと某キ●ン●ャンとか、J●とか!!
だってほら、なんかそういう格好してれば(中身がどうであれ)
ちゃんとしたギャルに見えるかなって!!


ユキ「んでもって髪染めてピアスあけたいんだけど」
友達「……大学デビュー?


…大学デビュー!!


都民が都内の大学に入学するのに大学デビューはまずい…!
しかしどう考えても大学デビューだということに気づいてしまいました。
でもでも言い訳させてもらえば髪染めてないのはプリンになったときに安定して髪染め液を買えるほど財布が安定してないからだし
ピアスあけてないのは茶道部にピアスがご法度だったからだし…!



ユキ「で、コンサバギャルな格好をしようと思
友人「似合わないからやめた方がいいよ(バッサリ)」


私服で会ったことないのにー!?
もし現在の私の私服がコンサバギャルだったらどうするつもりなんでしょう。
まったくもって失礼しちゃいますね!

大丈夫本当はわかってる
私服がピンクとか白とかパステルカラーじゃないことぐらい見りゃわかるってことぐらい。



しかしまぁ身近な人物にもコメントをいただかないとね。
私服であったことない友人のコメントなんて気にしちゃだめよね。


ユキ「私大学生になれたらJ●とかキャ●●ャンみたいな服着ようと思うんだけど」

母「え?なに?コスプレ?



コス…!

そうですか私がそういう格好するのはコスプレですか。
……。
…………たしかにそうなあたりなんとも。



というわけで今年はコンサバギャル路線で行きます★(助言無視)


しかしまぁタンスを見ても沈んだ色の服ばっかりでねぇ。
茶色とか黒とか濃い赤とか、くすんだ色とかが大好きなもので…
コンサバギャル路線で行くなら総入れ替えですな。

…ま。想像してるうちが楽しいですね。

 
│posted at 21:07:05│ コメント 3件トラックバック 0件
2006年01月07日(Sat)

『ソウル・オブ・シバ』

カテゴリー:├観劇(非生)記事編集

  きりカルDVDは3月20日発売だそうです。
  楽しみだ!楽しみすぎる!




  『ソウル・オブ・シバ』感想。

 
  まず「へー!こんなショーもあるんだー!」って感じ。

 (って感じ、って大昔のギャルみたいだな)
 (でも使っちゃうんだよねなんとなく)

  ストンプやらタップやらがありまして、こういうのもヅカショーとしてあるんだといい意味でびっくり。ストーリー仕立てのショーなのですが、街角やバーなど、「場所」で話がすすんでいくところが好きでした。(別にそういうショーが好き!というわけではなく、そういう演出が良い感じのショーだったということ)とにかく色んなものの配置?移動?が良い感じのショーです。

  オープニング、シバ神が輪(シバ像についてるやつ!)の前にでてきて神秘的な曲を歌い終わると、ポップな曲が流れて、輪がぐるっとまわって湖月さんが登場。
  レッスン場のシーンでは、みんなレオタード着てバーにそってならんで、練習っぽいダンス。
  バーの前では、銀橋が本当の道みたいに感じられました。レディダイスを後ろから見てるトウコさん。

  ささいな所なんだけど、そういうなにげないところが好きでした。

 
  衣装もそれぞれ好きでした。特にパレードの赤いの。ターバンもね。基本的にはあまり好きではありませんが、インドものだからそれは気にならなかった。


【憧憬】
  つなぎのレーク(湖月さん)と、スーツのオーキッド(トウコさん)、女優のダイス(壇さん)。みんなそれぞれぴったりの装い。特に壇さんはどの衣装をきてもしっくりきていて惚れ惚れしました。スーツのトウコさんの隣にたっても別の魅力でなんとかなるのは湖月さんの魅力ですね。長身につなぎはすばらしい。でも一番好みなのはスーツのトウコさん(はいはい)この2人――靴磨きとプロデューサー――の対比がおもしろくていいです。
  ていうかトウコさんて、歌、上手っっ!!群を抜いて上手いですね。靴磨きのシーンの曲って、外国のミュージカルみたいにセリフと歌が混ざってるのですが、あれって本当に上手い人がやらないと見ていて…「あぁ…だめだよ日本人にやらせちゃ」とか思っちゃうんですね。でもトウコさん、そんなこと思わせない。上手すぎる。
  スーツやコートの着こなしも素敵で、タップのときの身のこなしも小粋な感じ。トウコさん好き。  


【恋】
  レッスン場。となみんぐかわいー!花歩さんもかわいー!花歩さんの、「娘役です!」って感じの動きが大好きです。
 
  湖月さんととなみんのシーンのあと、上にも書いたトウコさんの銀橋シーン。男の人と歩くダイスを後ろから見つめて、ダイスへの恋心を歌うのですが…うまくてね。もう何度も言わなくてもいいことなんですけど本当歌上手くてねぇ。しかもトウコさんの上手さって、「ミュージカル的歌の上手さ」なのですね。それが好き。(あくまで私見的分け方。きりやんもミュージカル的上手さだと思う)


【進展】
  ……なんかアイガッチャがはじまったよ?
  おぉぉぉぉホスト臭い…!と思ったらANJUさん振り付けか…どうりでムンムンと花のかほりが漂うと思った。(確かアイガッチャはANJUさんではなかった気がするけど…)(まぁそこらへんはなぁなぁで)
  男役さんたちがアイガッチャダンス(勝手に命名)を踊ってくれます。バーなんですけど、まるでホストクラブ。アイガッチャ班では涼さんが特に素敵でした。涼さんて、「宝塚ー!」という感じの美しい顔立ちで…もうぜひぜひアイガッチャし続けていただきたいと(違)。
  トウコさんはアイガッチャ班ではなく、ダイスとダンスしてます。ワインレッドのスーツが大変素敵。


【中詰め(タイトル忘れた)】
  そうか…これがレオン氏に好かれている(←個人的重要ポイント)真飛聖の実力か…!ゆうさんも歌が上手い。声が低くてかっこいいですねー。


【嫉妬】
  一番好きだった場面。
  …なぜかって?そりゃぁトウコさんが歌いまくっているからさ。イントロがギターっぽい音でして、曲がなんとも良い感じなんですね。いいなぁこういう曲。梶浦由記的な伴奏なのです。NOIR期の。…って書いても仕方ないよね!ごめんねアニヲタ出身だから!
  レーク(湖月さん)とダイスがくっついちゃって、その「嫉妬」をオーキッド(トウコさん)が歌います。トウコさんが熱唱してる後ろでレークとダイスがデュエットダンスを踊っているのですが、そのデュエットダンスがすばらしいこと。あれは嫉妬するよね)。


【光】
  ここの曲も好き。


【舞神】
  ここの曲も好き。曲というか、音?伴奏に使われてる何かの音がすごくツボです。青白いライトの中、白い衣装の人がうごうご動くのが幻想的。そこにピコピコ音をまぜてくるセンスが好きだ!
 …でも…でもあぁいう早口の歌は耳につきますね。一気に現実世界に逆戻りしてしまいました。


【デュエットダンス(また忘れた)】
  一番印象に残ったシーン。「おぉ!これがデュエットダンスというやつか!」という感じで。ムーディーですね2人。壇さんが湖月さんにぎゅっ!って抱きつくとことか、最後のコートを着せてあげるところとか…退団ならでは、湖月さんと壇さんならではのいいシーンです。あれはもっと見たかった(と思うくらいがちょうど良い長さ)


【フィナーレとか】
  銀橋があるのが楽しい。階段降りが短いのですが、銀橋があるからあまり気になりません。トウコさんの歌が長いのもよし。
  娘役さんたちの赤い衣装と、壇さんの衣装がインドテイストで好きでした。シバ神の衣装が似合うのは轟さんならではですね。
  
  テーマソングもいいですねー耳に残って。「でーれっでーれっでーれれっでれっ♪」ていうあのイントロが。


  こんなところかな。


  ひとつ難を言えば。歌が…歌…何言ってるのかよく聞こえない…ところが結構ありました。セリフっぽい歌が多いから仕方ないのでしょうかね。まぁこれは録音のせいとかビデオの質が悪いせいかとも思うのですが…それにしたって。音楽や楽器の音は好きだっただけに、ちょっと残念。

  ストーリー仕立てで明るいシーンが多くて、楽しかったです。色んなシーンがあるのに、「ダンス」というテーマでまとまっているのも良い感じですね。随所にでてくる組長さんたちもかわいかったし。
  トップの湖月さんは踊ってるときのほうが断然輝いてるから、こういうダンシングなショーの方がいいですね。踊りだすとすごいエネルギーがバーンて飛んでくるみたいでした!テレビ越しに!
  ただ私は歌が好きなので、好きなのはトウコさんが歌ってるところだけど。 



 
│posted at 18:29:21│ コメント 3件トラックバック 0件
2006年01月06日(Fri)

ふたつにひとつ。

カテゴリー:宝塚全般記事編集

  NEVER SAY GOODBYEの公演案内が公式にアップされました!

  花ちゃんの髪がくるくる!!

  いやーくるくる愛好家としては嬉しいこと限りないですね。わたくし最近、(受験写真をとるために)ストパーをかけてしまったので、以前にもましてくるくるへの憧れはつのるばかりです。いやぁくるくる!楽しみだなくるくる!シックな色使いのお写真で好みです。ポスターとか写真とかって重要ですよね…。

  あらすじを読んだらますます楽しみになりました。主人公のアランは情熱的な人物らしいのですが、その情熱が、むてっぽうでグツグツしてる感じではないのです。年を追うごとに熱血青年が苦手になってる私ですがアランは好きになれそう…!「理想論」とかいう言葉がでてくるあたりが。
  時代は第二次大戦ごろ。アランはパリジャンではなくリトアニアの人。第二次大戦にリトアニア人。あぁなんかすごく壮大な話のようですね。楽しみ。

  先入観なしで楽しむために、ネタバレがありそうな情報はシャットアウトしようと思います。座談会とかね。1度見て、座談会読んで、もう一度見るんだ!期待してるぞー!


  たかこさん、ディナーショーは中止だそうで。
  それでいいと思います。
  ゆっくり休んでくださいね。
 
│posted at 21:55:03│ コメント 0件トラックバック 0件
2006年01月06日(Fri)

神様!!!

カテゴリー:宝塚全般記事編集

役替り公演DVD化決定!


らしいですよ!
風のウワサによると!!


ぎゃーもうTCA様ありがとう(土下座)
よかった…
風のウワサに聞いただけだから内容とか知らないのですが
もういい…きりカルDVDがでるだけで満足です。

もう少し暖かくなったら予約しに行こう…。
いくらでも踊らされてやる!


 
│posted at 10:08:16│ コメント 3件トラックバック 0件
2006年01月05日(Thu)

『歌劇』1月号

カテゴリー:├出版物記事編集

 なんか分厚い歌劇1月号の感想。


【正月ポート】
 きりやんは袴でした。わーい袴大好きー。メイクも華やかで綺麗です。美人美人。着物用華やかメイクでにっこり笑っていらっしゃいます。きらきらしてて大変すてき。ああ…なんだか今年も一年幸せな気がしてきた。
 ただちょっと着物の色か背景が地味すぎやしませんかい!?お正月にしては。お茶会(茶道のね)に着ていっても大丈夫そうなの選ばなくて…も…。まあしかし口紅がかわいいからよしとしよう!あと手を前でちょこんてあわせてるのもなんか好き!

 娘役さんはご自分に似合う着物をうまくチョイスしてますねー。みんなそれぞれいい感じ。中でもふーちゃんがかわいいな!

 ゆうひさんのお洋服がすごい!このわさわさはジャケットについてるのかしら…。フリフリブラウスをかっこよく着こなせるのが素敵です。

 かしげさんの写真は頭脳プレーですよね。いや…アングルが…。着物使いが恰好いい!

 とむは振袖!最初見たときはディープインパクトだったのですが、しばらく見てるとむしろ綺麗なことに気付きました。すごいなぁ蘭寿さん…!



【ベルばら座談会】
 座談会は雪星メンバーでしたが、最後にきりやんとゆうひさんのコメントも載っていました。
 きりやんは入団前にベルばらを見て、独特の世界に圧倒されたそうです。そういえば波瀾万笑の中で「なんで漫画ではオスカルが主役なのにアンドレが最後に降りてくるのか不思議に思った」というようなことを言ってましたねー。
 "こんな霧矢もありかな"と思って頂けるよう、全力でぶつかっていきたいと思います。とのことでした!期待しちゃいます!

 座談会もおもしろかったです。水さんは淑女が気になるようで。稽古場でスカートをはくことがどうも気になるご様子。
 …そうか!水さんが稽古場でスカートなんだから、きりやんもゆうひさんもスカートなわけですよね。当たり前のことだけど想像すると…!!どうか特典映像に収録されますように!!お願いしますTCAさま!!
 というかムラのパンフには写真が載ってるのでしょうか。きーにーなーるー!
 トウコさんの"薔薇タン"楽しみ。(最近気になるアラン・ケイ氏)



【楽屋取材】
 ふーちゃんかわいすぎる。



【韓国公演報告】
 2枚目のページ左下のトウコさんがかわいいであります。



【絵と文】
 花組(まっつさん)の題の絵、にすぎててなんともおもしろい…!
 月組はもりえちゃん。「もりえと文」ていうセンスが大好きよ…!
 ゆうひさんが結成した"月組ベルばら劇場"について書かれています。なんでも東京公演中、ゆうひさんは奈落でフェルゼンとのダンスのお稽古をされていたそうで(すごい!)越リュウさんがフェルゼン役、ゆらさんがステファン役、もりえちゃんは執事役だそうです♪楽しそう…!!きりやんもそこに混ざってたのかしら…それとも誰か別の方とやってたのかしら。気になるー。
 それはさておき、フィンチの話題がでてました。すごい割合で登場しますねフィンチ君…なんでも早変わり室にフィンチ君のお写真が大量に飾られているそうです。さすがきりやん。それにたいするもりえちゃんのコメントがおもしろい。



【楽屋日記】
 月組はあいあいとまさおくん、すずなちゃん、流輝一斗さん(すみません愛称がわからん!)です。

 舞台にあやまって雪駄があがってしまったとき、きりやんが袖に投げ込んだそうです。さすが霧矢先生(あいあいのパクリ)
 もりえちゃんは早変わり室のフィンチ君お写真のことを書いていましたが、すずなんによると月組ではもう至るところに、色んなキャラクターに扮したフィンチ君のお写真が飾られているそうです!すごいやきりやん!フィンチ君かわいいもんねー♪あのまったりした感じがね…!

 ふれたのはこれだけですが、みんなおもしろエピソードでした♪ゆらさんとか特に…。



 今月はベルばら度が高かった気がします。
 来月はトウコさん表紙!やった!舞台写真は星ばらです星ばら!特出オスカルの写真は全員ちゃんと載るのでしょうか…!うーんできればたくさんのりますように!
 
│posted at 22:40:49│ コメント 2件トラックバック 1件
2006年01月04日(Wed)

違う場所で君が

カテゴリー:日記記事編集

 カフェブレイクでー!ネバーセイグッバイが1曲まるまる流れましたー!わーい!CS未加入の人間には本当にありがたかったです。ありがとうMXテレビ。たかこさんのお姿を見たらなんだか…うん。劇場でこの歌を聴ける日を楽しみにしてます。
 
 今日のカフェブレイク総集編。「じゅりぴょんとガイチさんはピックアップされるに違いない!」と思ってテレビにかじりついてました。我が家にMXが映ることに気づいたのがJAZZYからだったので、見てなくて…。

 まとめるほどでもない感想。

・かしげさんの服がすてき
・かなみんって痩せたんですね。
・あさこさんものすごくきれい
・きれいすぎる
・びっくりするぐらいきれい
・トウコさん…!(最近アラン・ケイ氏が気になる)
・となみさんかわいらしい。喋り方も好き。
・じゅりぴょん大好き…!かっこえぇのう。
・水さんおもしろい。
・タニー!タニかわいすぎるぞー!
・あの足長さは!
・なんだかすぐに眉間にしわがよるタニ(ベリーキュート)

・ん?
・あれあれ!?
・なんか記者会見映像になってますけど。
・……ん?
・…………んん!?
・あれあれあれあれあれ!?

・……ガイチさんピックアップされると思ったのに。



 …多少しょんぼりしました。でもNEVER SAY GOODBYEが1曲まるまる流れたのでよしとします。ていうか本当に感想っていうかただのつぶやき…まぁいいや。




 以下コメントの返信ですー。
続きを読む≫
 
│posted at 23:33:09│ コメント 0件トラックバック 0件
2006年01月03日(Tue)

『ベルサイユのばら2001~フェルゼンとマリーアントワネット編』

カテゴリー:├観劇(非生)記事編集

 宙ばらの感想です。

 まずはあすかちゃんがかわいかった。80期の久遠さん小公子もかわいかった。そしてさららんはホットだった!


 で。

 フェルゼン編を見るにあたり、フェルゼンを好きになれないというのはかなりまずいことだと痛感しました。
 たかこさんがどんなにかっこよくても、それがフェルゼンである限り冷めた目で見てしまうのです。むしろこいつがマリー様をたぶらかしたんだわ!と思ってしまうのです。

 この前見た花組の大浦さんフェルゼンよりは、たかこさんフェルゼンの方がいくらか好きでしたが。大浦さんフェルゼンの方がより若くて情熱的で、たかこさんフェルゼンはやや紳士度が高い気がします。しかしフェルゼンはフェルゼン。2幕はほとんどフェルゼン中心に進んでいくのでその間なんだか釈然としない気持ちで鑑賞。もちろんたかこさんに不満があるのではありません。フェルゼンというキャラクターが嫌なだけです。…それを言っちゃどうしようもないのですが。

 花ちゃんのマリー様はすばらしかったです。特にルイ16世が処刑される前に子どもを呼ぼうとするところと、最後の牢獄での演技は秀逸。女王だけど一人の女で、女だけどフランスの女王だということがよく伝わってきました。


 サエちゃんは…逆のを見てないからなんとも言えませんが、アンドレの方が好き(推定)。声が低いのでオスカルよりはアンドレで見たいなぁと。立ち姿は最高に麗しくて素敵でした。歌もいいんだけどな…歌と台詞の差が…!でも水さんアンドレはすばらしかったから逆がいいというわけでもなく…でも逆のも見たかったな。
 フェルゼンにひどいこと言われるところがかわいい。(愛の巡礼の前のところ。)「ひどいよフェルゼン!サエちゃん一生懸命メイクしてるのに!」みたいな(違)。あのシーン、私が見た中で一番泣きそうになったのは一路さん、一番フェルゼンのバカー!と思ったのがみきカル、一番オスカルを不憫に思ったのがサエカルでした。
 シトワイヤンのところはかっとよかったです。

 水さんのアンドレは絶品。ぜひともオスカル編で見たい。



 フィナーレ好きでした。薔薇タンはねーもう水さんすごいすごい。背はそんなに目立つ方じゃないのに、なんだか輝いてました。や、衣裳でなく水さんが。
 娘役さんたちのダンスもきれいだし、そこから黒エンビでの、蝋燭(柵?)のセットが好き。大階段に斜めに柵がついてて、男役さんたちも斜めにでてくるのです。
 ロケットもボレロも好きでしたが、エトワールがね…主演娘役にエトワールをさせるのはあまり好きではありません。花ちゃんはたかこさんの一つ前に降りてきてほしい!でも階段降りが割と長いのは好きでした。私の理想の階段は『VIVA!』です。まーエトワールは強いて言えば娘役さんの方が好きだけど、三番手以下の人なら文句ありません。人数多いのが好き。


 こんなところかなー。ベルばらって、時代によってどのシーンやるか変わるんですね。どちらかと言えば最近の作品方が抵抗なく見られたので、2001のオスカルアンドレ編に期待します。どんなにかっこよくつもフェルゼン編だと心から夢見られぬことがわかったから…!


 でもベルばらは好きですね。ドレスが大好きでねー…特にロココドレス、もっと言えばポンパドゥールのドレスが大っ好きなので、ベルばらは大変目の保養になります。そういえば宝塚作品でポンパドゥールがでてくるのがあるらしいので、いつか見たいなー。
 
│posted at 20:57:43│ コメント 0件トラックバック 0件
2006年01月02日(Mon)

ハウトゥ・お正月+あるふぁー

カテゴリー:日記記事編集

 1日~5日に1日中講習を入れてしまった愚か者・ユキでっす。
 いやぁなんていうか新たな年の晴れやかさとか皆無ですね★



 毎日遅刻ギリギリで猛ダッシュ。

 それに加えて今日は教材を家に忘れるという大ポカ。

 友人にコピらせてもらおうとしたら、
 友人はいつのまにか講座変更してた(チーン)

 傘を忘れ、校舎を移動する際ぐちょ濡れに。

 昼の授業を10分延長されてまた次の校舎まで猛ダッシュ。

 息切らしてついてみたら、授業まではまだまだ余裕の時間だった。

 おなかいっぱいだと電車酔いするので
 いつでも腹5分目くらい(in正月)

 昼はおにぎり×1。夜はコンビニ。

 授業の合間に食べるので極少量。(例・カロリーメイト)

 ダイエットダイエット★

 「単語は準1級レベル必ずいれといてね」
 (゜д゜)今から!?

 緑の髪の一般人を始めてみた。

 男でゴスロリの人もひさしぶりに見た。

 男でメイクが濃い人も久しぶりに見た。

 マッチョによりは嫌悪感がわかない自分に愕然。

 ……あぁ!!

 電車の窓からフォーラムを見て、きりやんの姿を想像。

 あぁかっこいい(※脳内)

 

 
 こんな感じで晴れやかな正月を過ごしています。
 ソウル・オブ・シバとか見たけどね!ちゃんと遊んでる!だってほら私だもん。感想はまた近いうちにー。

 あと楽しかったことは、きりやんガラコンのレポートを読ませていただいたことかな…。(レポートって本当にありがたいものだと痛感しました)「アンドレって言って」と頼まれて、ちょっと照れちゃうきりやんがいいよなぁと。(そして上手いこと避けるきりやんがいいよなぁと!)あーうーワインレッドのきりやんとか真ん中わけのきりやんとか、歌穂ニーヌのオンマイオウンとか見たかった聞きたかった…。もう二度とこう「地理的になんの問題もないのにいけない」というくやしい思いをしなくていいよう、来年はぜひとも予備校生ではなく大学生として人生を歩みたいと思います!がぜん張り切る!だって見たかっ(略)

 あのガラコン、きりやんと歌穂さんが同じ空間にいたんですよね…。いいなぁすごいなぁ。

 他界されていなければ、美奈子さんもきっと出演されていたろうと思いながら。2006年も、その先も、美奈子さんのことはずっとずっと忘れないで生きて生きたいと思うのでした。

 
 
│posted at 21:47:25│ コメント 0件トラックバック 0件
2006年01月01日(Sun)

ことよろって略す年でもない。

カテゴリー:日記記事編集

あけましておめでとうございます!

 やーあけちゃったけど大晦日らしいこと何一つしませんでした。テレビ見てないし(笑顔)(に涙)そして正月らしいことも皆無な予感。ていうか悪寒。
 まーあと2か月ほどがんばってみます。徹しなきゃね!なにごとも徹しないといけないよね!一瞬一瞬に徹する!!

 ところでさっきから中継ヘリがうるさいぞ★迷惑きわまりないですね。1:00すぎたら自粛してほしいものです。初愚痴。

 というわけで、2006年も霧矢大夢さんはじめ宝塚の皆様にキャーキャー言いたいと思います。

 今年もよろしくお願い致します。

2006.1.1. 邑木ユキ
 
│posted at 01:03:12│ コメント 5件トラックバック 1件
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。